ダイナミックDNS

1.DNSって?
まず、DNSってご存知でしょうか?
DomainNameSystem(ドメインネームシステム)の略で、
IPに名前をつけられるものの事です。
いうなれば電話帳、タウンページですな。
私の名前で検索したら私の電話番号が出てきたと、そういうイメージです。

URL(ネット上のアドレスのこと)は、ほとんど文字が使われています。
IPだけのURLとかほとんど見たことありません。
その中で唯一見たことあるのが、Webサーバを立ち上げている個人法人です。
しかし、この番号というのはやたら覚えにくいので、
このダイナミックDNS(略してDDNS。打ち間違いじゃない)を利用して
アドレスを覚えてもらおう というのが、概略としてあります。


2.割り当てられる固定IPとドメイン
最近はインターネットの接続法が、申込後、簡単になりました。
一昔はダイヤルアップで、詳しい人に聞きながら接続したものです。
その際、プロバイダから固定IPというのを資料として割り当てられますが
最近は自動でIPを取得することが多くなりました。

この為、特定のIPに名前をつけるためのドメインを持てないことがあります。
ドメインを持ってないとDNSを使えません。特定のIPにしか名前をつけられないからです。
私がころころ住所変えたら、私の存在を知っててもそれがどこにいるかわかりませんよね。


3.不定IPでも対応しているドメイン、それがダイナミックDNS
これを解決しようというのがDDNSです。
普通、インターネットに接続するとあるIPが割り当てられます。
通常、PCの電源やルータの電源を切ったり、LANケーブルを抜き差ししなおしたりすると
この固定IPが変わってしまうことがあります。

そんなことがあっても、新しく割り当てられたIPを動的に取得し、名前を与えるのが
ダイナミックDNSです。正にダイナミック。
いうなれば、私に発信機が付いているようなものです。
これで勝手にどこへ行っても居場所がわかろうというものです。


4.実際にやってみよう
さて、前置きである程度ご理解いただけましたでしょうか。
実際にやってみましょう。
大体はドメイン取得時に金がかかりますが、なんと
これを無料で提供しているところが存在します。大感謝!神!

『IESERVER』と検索してください。

それらしいページに入ると、いきなりIP番号が表示されていると思いますが
それが、あなたがインターネットを閲覧する際に無意識に使用している番号です。
この番号は、世界であなたしか持っていません。ルータを立ち上げなおすと変わりますが
それも何度もやってもあなたしか持てない番号のみを取得できます。

このIPをDDNSに登録すれば、そこで作った名前をURLに打ち込むと
自分のホームページを閲覧できるようになるはず!です。
ただ、自鯖(ネット用語です。『自宅サーバ』と脳内変換してください)を立てていないと
表示するものがありませんから、500エラーか別のページか何かが表示されると思います。


5.あとがき
ただ、ここはまだ完全に確認していませんので、結果に関しては少々間違いがあるかもしれませんが
興味の沸いた方は調べてみてください。

参考:Perl Script Language TryTheHomepage
http://www.tryhp.net/homeserver05.htm