ウラテク



偶然の産物・発想・技能による魅力的で再現の難しい性能、
これらが、バグでありながらウラワザと言われる所以だ。
だがここで語るものはもはや『テク』と言われるほど
常識的なものになってしまっている。
そのテクとやらを今一度まとめてみた。



・ハイジャンプをジャンプキャンセルできる
JCできる通常技を相手にガードorヒットさせた時に、
JCのコマンドを入力してジャンプする前にガトリングをすると
その後ハイジャンプや技を出した時にジャンプキャンセルすることができる。
この後の行動が技の場合、自動ジャンプ属性がついてない場合でも空中ダッシュが可能。
最速入力なら、一回の通常技で仕込むことが可能。
例えばJCできる技でJCする瞬間ハイジャンプすれば仕込むことができる。
技の場合、最後に斜め上を入力することにより仕込むこともできる。

・技キャンできなくなったキャンセルを再現
通常攻撃から技へキャンセルできなくても、JCが可能であれば
ジャンプ準備モーション中にコマンドを入力することで、通常技→必殺技
へのキャンセルを再現することができる。
スレイヤーの立Kやディズィーの足払いがこれに相当する。
ACからのテク。(前作までにはJCできて技キャンできないものは無かった)

・カイのスタンエッジチャージアタックが二個出せる
青キャンした瞬間、玉が攻撃判定を出す前までにもう一回入力することにより、
チャージスタンを画面に2個まで出すことができる。
相手に接近していた場合は、玉がガードorヒットされて消えるため何個でも出すことが可能。

・闇慈の疾が二個出せる
疾の一段目がガードorヒットした瞬間、疾が消えるので、
その間の1F以内に入力すると疾を画面に2個まで出すことができる。
投げ後の起き攻め時に行いやすい。

・紗夢で金バーストをフォルキャンできる
ホチフで相手の攻撃を取った瞬間、金バーストをフォルキャンすると、
金バーストの無敵が持続する。これをバーキャンと呼ぶ。
無敵の間は行動自由。
なるべくバーストは使わずに、起き上がりに狙ってみよう。

・ヴェノムの玉が地面スレスレに設置される
P設置をした瞬間、相手の攻撃を食らうと、設置した玉が地面スレスレに設置される。
これは青リロでの現象だが、今現在ではDコマンドで常用設置できる。

・ブリジットの立P後の遊びが無敵になる
通常、立P後は硬直ではないが、ヨーヨーで遊びのモーションをする。
この間は攻撃をされると食らうが、これをフォルキャンで仕込み、
ジャンプや攻撃、受身をしないで攻撃食らいを中断されないでダウンして起き上がる時、
何もしないとこの遊びのモーションをし、その間は無敵となる。
これを仕込んだ状態でヨーヨー設置による起き上がり遅延も複合すると、
遊びの最中は無敵ではなくダウン追い討ちとなる。
攻められ時に有効で、青リロのテクだが残念ながら
AC時点でこの無敵は削除されてしまっているため再現できない。

・スレイヤーのバックステップ無敵が持続する
スレイヤーのバックステップ中はJCできる。この間、残りのバックステップの無敵が持続する。
バックステップ中に地上必殺技で最後に斜め上コマンドを入力すると、通常の必殺技に無敵を付加することができる。

・ザッパの憑依が2重憑依する
ラオウ以外の何かが憑依している時に、ヒットストップ0の攻撃を食らった瞬間青バーストすると
憑依が消えず、バースト時のランダム憑依により2重憑依することがある。
犬憑依状態で剣や幽霊が憑依した場合、犬と剣or幽霊の2重憑依効果が得られるが、
これ以外の場合は憑依効果が現れない。
スライドヘッド、聖ソルの前P、イノの遠S辺りに狙ってみよう。



戻る