ちなみにここからは9.をアレンジしたワザですが、やるとセーブデータが消える可能性大です。要らなくなった冒険の書でやりましょう。

10.主人公の消去
移動中、仲間モンスターを先頭にして主人公が一番後ろになるようにする。馬車にも幾人か仲間を入れておき、モンスターじいさんにも幾匹か仲間モンスターを預けておく。
その状態で今先頭の仲間モンスターをモンスターじいさんに預けて、今さっき預けたモンスターの様子を見た時に主人公の能力が示されていたら成功。主人公が死んで、消える。
町に入って生き返らせても死んでいて、道具欄には色んなアイテムが散乱している。それを売ってもアイテムは無くならず数は膨張する。売ってお金にしてカジノで遊ぶ以外に使い道がないウラ技(?)。
主人公の次レベルまでの必要経験値をお告げで訊いてみると、11111111になっている。運が悪いと111111111111・・・・となって完全にバグる。町を出ても完全にバグりゲームプレイ続行不可。


せっかくのセーブデータが消える危険性がある上、何のメリットも無いワザなんでほとんどやった事がないので、方法がこれだったかどうかがちょっと確信できません。
無限レベルアップのアレンジだと言いましたが書いてみたらアレンジっぽいトコは無いです。(汗)
ただ、無限レベルアップ(1)の時、モンスターじいさんに預けて加えてから、戦闘する前までの間に次回のレベルになるまでのやつを訊いてしまうと11111111・・・となり、これと同じバグが起こる可能性があります。
でも、戦闘でレベルがアップしてから預けるまでの間に経験値を見るならOKです。ウラ技でレベル98まで上げて経験値を訊くと、とんでもない数の経験値が必要になる事でしょう。(笑)
(仲間モンスターレベル最高時能力でスライムたちのEXなどはこれで調べた)



戻る